イベント情報







facebookも是非ご覧下さい!
ブログに載せていない小ネタをアップしています。
右端リンクからお進み下さい。↓↓↓

バイク館両国店
東京都墨田区緑2-16-10
03-3633-8198
バイク館千葉店
千葉県千葉市中央区都町3-21-2
043-232-8741

10:00~19:00 月曜日定休

バイク館的日記

千葉市と東京両国に店を構えるバイク館のブログ

このページ内の記事タイトルリスト

ケアレスミス

相変わらずXLのオイル漏れ修理をよくやっています。
自社の納車整備はもちろん、お持込での修理も承っています。

これは他店か個人で修理したと思われるシルクロードのヘッド。
ロッカーアームシャフトのOリングです。
006_201402111755370d3.jpg017_20140211183954d94.jpg

右のOリング両端が平らに削られています。これでは確実に漏れてきます。
原因はOリングを交換した後、はめ込んだ時のミス。
勢いよく押し込むと、エッジに引っ掛かり削れてしまいます。
最大の難関であるピンを抜いたにもかかわらず、
その後のケアレスミスでOリングに傷を入れてしまった模様。
さぞかしショックを受けたことでしょう。

エンジンの修理は、油断するとボルトの締め忘れやパーツの付け忘れ、わずかな組み間違いで
破壊に直結する致命的なダメージを残してしまいます。最後まで集中力を切らさないことが重要!

僕も昔はやったものです・・・

スポンサーサイト

K50 吹け不良

スズキ K50 
2ストのビジネス車。
コレダと同じエンジン、ヤマハで言うYB50とYB-1みたいなバイクです。

吹け上がらないのとガソリンが漏れるとのことでお預かり。

コックとキャブのフロートを交換しキャブはO/H。
ガソリン漏れは直ったけど吹け不良は直らず。
じゃあマフラーの詰まりかってことでマフラーを外すし直管で始動、変わらず。
あとはCDI?交換、変わらず。
リードバルブ点検、問題なし。
そろそろやる所無いんですけど・・・

再度キャブを分解、油面とニードルのクリップを調整→ほとんど変わらず。
薄くしてもかぶり気味。これは何かが根本的におかしい。あとはエンジンか。
014_201402051013127e0.jpg

エキパイを外して排気ポートを覗くとカーボンがビッシリ付いていました。
シリンダーを外して単体で見てみると、ほとんど塞がれているではないか!
005_2014020510001429a.jpg006_20140205100015a4a.jpg


ガリガリ削ってカーボンを落とす
018_20140205100018563.jpg
すさまじいカーボンの蓄積です。

028.jpg020_20140205101032fc3.jpg


きれいにして組み付けるとレーサーかっ!っていうくらいの吹け上がりになりました。
無事終了。

距離はたいして走ってないので原因はエンジンオイルと思われます。
粗悪なものを使い続けていたのでは。
安物は燃えにくくカーボン蓄積の原因になります。
その時は安くても結果的に高く付いてしまう場合があるので、
安過ぎないある程度のもの使うことをお勧めします。

ちなみにうちでは主にヤマハのオートルーブを使っています。







プロフィール

baikukan

Author:baikukan
千葉市と東京両国に店を構えるバイク屋、バイク館です。パリダカやシルクロード、XSやLTDなどのちょっと変わった旧車など多数取り揃えております。是非ホームページをご覧下さい!

最近の記事
カテゴリー
Twitter

QRコード

QR

カウンター

リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のコメント