イベント情報







facebookも是非ご覧下さい!
ブログに載せていない小ネタをアップしています。
右端リンクからお進み下さい。↓↓↓

バイク館両国店
東京都墨田区緑2-16-10
03-3633-8198
バイク館千葉店
千葉県千葉市中央区都町3-21-2
043-232-8741

10:00~19:00 月曜日定休

バイク館的日記

千葉市と東京両国に店を構えるバイク館のブログ

このページ内の記事タイトルリスト

樹脂用コーティング剤

WAKO'Sスーパーハード
016_20130426185649.jpg

主に退色した樹脂パーツに使用するコーティング剤。
この手のワックスは色々なメーカーから出ていますが、
これが最強だと思います。


最近の原付スクーターはアジアンメイドのパーツが多く、
こと樹脂パーツは過去の日本製に比べて明らかに耐久性がありません。
元々黒に近かったリアフェンダーなどは
白っぽくカサカサに劣化しているのをよく見かけます。

使い方は専用スポンジにリキッドを出し塗り込むだけ。
003_20130426185658.jpg


001_20130426185656.jpg
005.jpg
011_20130426185653.jpg

僕もアドレスV125に使っていますが効果は絶大!
半年間は平気で潤っています。

ネックなのは価格。
6300円です・・・
150ml入りだし、一度の使用量は微々たるものなので
一台なら一本で相当持つでしょう。

消費税サービスで販売しています。

スクーターや古めの車にどうでしょうか。



スポンサーサイト

FIAT PANDA

友達の愛車。
003_20130425143420.jpg

禁断のちょい古イタ車
彼は憧れを手に入れました。
ちょこちょこトラブルもあるようですが頑張って乗っています。
002_20130425143423.jpg


いいですね~

和製トム・ヨークと言われている彼はインテリアデザイナーをやっていて、
うちの看板なども手がけてもらいました。

やっぱ車も古いのがかっこいい!
また空冷ワーゲンに乗りたいな~・・・



メンテナンスとリスク

お客さんの中で、パーツリストやサービスマニュアル(以下SM)片手に
自分でメンテナンスする方も結構いらっしゃいます。
004_20130420175033.jpg

僕としては、愛車に興味を持ちトラブルを自分の力で
解決できるようになるのは素晴らしいと思うので
簡単なことから積極的にやって頂きたいと思います。
アドバイスを求められれば何でもお答えしています。

しかし、もともと調子の良いものを弄ってしまうのはリスクがあります。

エンジンやキャブレターなど、SM通りの数値に合わせ、
更なる好調を期待するのはよくわかります。
しかし旧車は一筋縄で行かないのです。

代表的なものでコンタクトポイント。
これはマニュアル通りにセットすると調子の出ないことが多い。
エンジン内部のパーツの摩耗、カムチェーンの伸びなどが考えられます。
うちではSMも参考にはしますが、あくまでも参考までです。
調整しては試乗を繰り返し、一番調子の出るところでセット、
タイミングライトを当てると規定値より結構ずれている場合もあるのです。
もちろんプラグの焼けも確認しているので
それが原因で壊れることはありません。

それとキャブのパイロットスクリューやエアスクリュー。
これもポイントと同じです。むやみにいじらない方がいいでしょう。

どうしても自分でやってみたいという方は、最初の状態を
撮影したり記録しておくことをお勧めします。

不調を自分で修理する場合、あちこち同時にいじるのもタブー。
キャブなのかエンジンなのか、あるいは電気系なのか
一つずつやらないと、これは本当にドツボにハマります。


まずは空気圧点検から、愛車を可愛がってあげて下さい。

自分でメンテナンスをやってみようという方は、
電話でもメールでもお気軽にお問い合わせ下さい。

※他店で購入された車両は基本的にお答えしかねることをご了承下さい。



BBQについて

29日のBBQですが、参加できる方は21日の日曜日までに
ご連絡下さい。器具レンタルと食材の用意がありますので。

今のところ15人くらいです。(子供多数!)

場所  水元公園
日時  4月29日(月)祭日
時間  10:30~16:00
手ぶらでOK

車の方は駐車場の混雑が予想されるので、
少し早めの方が良いかもしれません。

ゆる~いBBQですので気兼ねなくご参加下さい。
初めての方、お子さん連れの方、是非参加して欲しいなあ。
よろしくお願いします。



電気トラブル

久々にはまったGSX

一番厄介な電気系トラブル。

症状は8000回転付近での頭打ち及び、
ライトオンでのアイドリング不良~停止。

しかもその症状は出る時と出ない時があり、
あれ問題ないかも、と試乗を繰り返すとやっぱり出る時がある。

結局IGコイルの不良だったのですが。
001_20130416184851.jpg
この症状でこのパーツが悪い、と断定するのは不可能で
パーツを一つずつ交換し試乗を繰り返す、という消去法で解決するほかありません。

交換後うそのように症状が収まりレッドゾーン手前まで気持ち良く
吹け上がりました。

幸いスズキはパーツ供給が素晴らしく、IGコイル他レギュレーター、
ジェネレーターと重要な電気系パーツが新品入手可能です。
002_20130416184855.jpg548881_501557433237117_1716236399_n.jpg


 

リヤブレーキとシャフト

XL250S

リヤブレーキO/Hのため分解です。

アクスルシャフトが固着して抜けませんでしたが、
破壊覚悟で色んな棒を当てて30分ぐらいかかりやっと抜けました。
写真_1~1

案の定ネジ山がいかれてしまったので中古良品に交換しますが、
再利用する場合、ペーパーでサビをきれいに落としグリスを塗布します。
011_20130409193430.jpg


ベアリングが抜けかけているので交換。
009_20130409193432.jpg
外す手間が省けた。


ハブのシューの当たり面もきれいに磨いて組み直します。
014.jpg
もともと効きは悪くなかったのですが、当店の整備メニュー項目では
ドラムブレーキの分解清掃は必須なので必ずバラします。

各部研磨とグリスアップで抜群の効きが蘇ります。

016_20130409193127.jpg017_20130409193130.jpg

この時代のバイクはリアドラムブレーキが基本ですが
O/Hすればドラムで十分の効きを得られます。

そうそう、某有名店の点検項目をじっくり見てみたのですが、
弊社も負けず劣らずやっている内容でした。
019.jpg
まともに乗れるようになるには、細かく分けるとこれぐらいの項目になるのです。
でもさすが、宣伝が上手い!
うちもちょっと見習おうと思います。






プロフィール

baikukan

Author:baikukan
千葉市と東京両国に店を構えるバイク屋、バイク館です。パリダカやシルクロード、XSやLTDなどのちょっと変わった旧車など多数取り揃えております。是非ホームページをご覧下さい!

最近の記事
カテゴリー
Twitter

QRコード

QR

カウンター

リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のコメント