イベント情報







facebookも是非ご覧下さい!
ブログに載せていない小ネタをアップしています。
右端リンクからお進み下さい。↓↓↓

バイク館両国店
東京都墨田区緑2-16-10
03-3633-8198
バイク館千葉店
千葉県千葉市中央区都町3-21-2
043-232-8741

10:00~19:00 月曜日定休

バイク館的日記

千葉市と東京両国に店を構えるバイク館のブログ

このページ内の記事タイトルリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回ツーリング

11月24日(月曜日 勤労感謝の日振り替え休日)に
バイク館初のツーリングに行きたいと思います。

かねて計画はしていたのですが、誰も来なかったらどうしよう、という
超ネガティブな考えで今まで実行できませんでした。

が、やってみなきゃ分からない、のでやってみます。

行き先は関東地方某所。
まだ未定ですが、ちょうど紅葉がきれいな時期と思われるので
そんな所に行きましょう。

今までツーリングに行った事のない方、バイク仲間がいない方、
ネガティブな方、上がり症の方、めがねの方等、多数のご参加をお待ちしています。

※不正改造をされた方はお断り致します。
今回は高速を使う予定なので、125cc以上の方を対象とさせて頂きます。

かなりアバウトですが、参加ご希望の方は11月10日くらいまでに
メールかお電話で両国店へお知らせ下さい。
もちろん千葉店で購入された方も!

行き先や参加人数等、随時ご報告致します。


※一部の方へ
 日にち変更になり申し訳ありません。如何せんネガティブ故、心の準備が
 出来ていませんでした・・・



スポンサーサイト

R8

kakudai2.jpg
??







RIMG0009.jpg
キルスイッチ


”モノを大事に”と言った矢先ですが、デジカメを買い換えました。
こればっかりはねえ、販促ツールの一種なので新しいほど良いです。

RICOH R8
RIMG0003.jpg


こんなに接写が出来るのが嬉しくてさっ。


僕はパソコンやデジカメなどの機械物にめっぽう弱いので、
いつも専属アドバイザーのアニキに相談しています。
そしたらこれが良いそうで、これになりました。

僕にはオーバースペックで使いこなす自信はありませんが、
とりあえず接写が凄いことは分かりました。



私事

ここ数年、”モノを大事に使う”ことにやたら凝っています。
手を加えて長持ちさせるのがいいんです。
僕の祖父がそうでした。何でもかんでも購入年月日を書いて
大事に大事にしていました。
僕が生まれた年に買ったというブリヂストンの自転車なんか、
十何歳の時見てもピカピカでしたからね~。


僕もそれにならって。


これTIGERの水筒。
DSCF3460.jpg
家で毎日アイスコーヒーを淹れてるので、ゴムパッキンが
コーヒー色に染まり、古くなったコーヒーのにおいが取れない。
DSCF3457.jpg

さらに、よく分からない丸い小さいパッキンを紛失して漏れてくる。

そこでTIGERのHPを見てみると、消耗パーツがネットで
簡単に買えるではないか!
しかも送料80円。郵便振替80円。


早速パーツを注文。
DSCF3455.jpg
バイクのパーツみたい。
DSCF3456.jpg
DSCF3458.jpg
交換。復活!

こんなアフターサービスがお客さんの心を掴むんだな~きっと。

ありゃりゃ。

昨日の帰り、エンジンかけたらなぜか片肺だったんですよ。

前の日まで調子良かったから、プラグでもカブったかなと
点検してみると問題なし。

ポイントを調整→問題なし。

左だけ火が出てない。
配線異常なし。

その日はスクーターで帰り、本日再点検。

タンク外して再度配線類を見てもしっかりしてる。
じゃあIGコイルかとふと見てみると・・・!


DSCF3452.jpg
ブタじゃん!
DSCF3454.jpg


正常な物と比較
DSCF3449.jpg

何でしょう??う~ん・・・原因が思い当たりませんが、
まあこういうことは十分にありえます。
相手は機械ですからね。
エンジンはあまり考えられませんが、電気系パーツは
旧車に限らず急に壊れることってあるんです。
壊れたら直せばいいんです。(この場合交換ですが)

直しながら乗り続けていくと愛着が沸くものだと僕は思いますね~。




ギヤ比改良

久々の登場です。

今回はスプロケ交換でハイギヤード化します。
CB250TはF16T、R38Tでギヤ比2,375。
エンジンがパワーアップしている分、もう少し
低い回転で走りたいので、F17Tをチョイスしました。
DSCF3426.jpg

DSCF3428.jpg
            ↓   ↓
DSCF3431.jpg

ギヤ比は2,235なので、6%ハイギヤードになったのですが、
乗ってみてビックリ!たった6%でかなり違います。


(ギリギリやでしかし!)
DSCF3432.jpg

楽に走るというか、のんびり走るのには最適です。

料金はスプロケ代+¥2000~くらいです。
Fスプロケ交換だけで走りが変わるのは面白いですよ。
多少は燃費も良くなるんじゃないでしょうか。

燃費向上といえば、随分前にワコーズの営業さんにもらった物を
急に思い出し、使ってみました。

プレミアムパワー
DSCF3435.jpg

まだ入れたばかりなので、結果が出次第レポートします。

2周年

DSCF3423.jpg

バイク館両国店は2周年を迎えることが出来ました。
今まで当店と係わりを持って下さった方全てに感謝致します。
(ちなみに千葉店は20数周年です)

こちらはオープン当時の写真
resize0681.jpg
resize0682.jpg
店内や床がメチャクチャきれい!&物少なっ!!
バイクのラインナップは全く変わっていませんね~


自分初公開!商談中(サクラ)の画
今では物と本で溢れかえっています。
DSCF0144.jpg


これからもより良いサービス&楽しいお店を心掛けますので、
何卒よろしくお願い致します。




ブレーキと靴

旧車のドラムブレーキでも、きちんと整備されていれば
結構効くものです。リアブレーキは特に。

そしてリアブレーキを使う際、靴は非常に重要です。

例えば・・・
仕事用で使っている、減り過ぎて画鋲をも貫通するプーマのスニーカーだと
底が柔らかく、そして痛く、踏み込む力が半減してしまいますが
DSCF3415.jpg

もったいなくてあまり履いていないダナーのブーツだと
DSCF3419.jpg
底が全く凹まないので同じ踏み込みで倍くらい制動力が違います。

リアブレーキが効かないと言うお客さんは大半がスニーカー。
それもコンバースのオールスターみたいな底の薄いタイプです。
僕自身スニーカーで乗ることが多いので否定はしませんが、
やっぱりベストはブーツですね。
たまにビーサンで乗っているツワモノも見ますが、あれは論外でしょう。
コケたら足がもげそうです。

※TL系は特に、ブレーキペダルが短いので強く踏み込まないと
 効きません。
DSCF3421.jpg

さあ、ブーツを買いに上野へ繰り出しましょう!
そして帰りに両国に寄りましょう!

珍しいオーバーフロー

オーバーフローの原因は様々ですが、
今回はちょっと珍しい例です。

チャンバーガスケットが劣化して太ってしまい、
フロートに接触していました。
DSCF3386.jpg
DSCF3395.jpg

こうなるといくらゴミが来ていなくても、フロートバルブが
新品でも、フロートがスムーズに動かずオーバーフローしてしまいます。

新品と比べるとこんなに違う!
DSCF3390.jpg
DSCF3391.jpg
DSCF3393.jpg





ブレーキシュー

当店ではほとんどのバイクに、「べスラ」製のブレーキシューを
使っています。
DSCF3346.jpg
純正よりも少し安いし、安心の日本製なので。
トラブルはまずありません。

が、しかし。

一車種、どうもフィットしないものがありました。
交換しても効きは悪くないんだけど、どうもしっくり来ない。
そのバイクのそれだけなら個体差で納得が行くんですが、
別の同型バイクに付けても同じくフィットしない。
でもって純正だとバッチリ。

こりゃもーシューしかないと思い、純正とじっくり比較してみました。
すると微妙に形が違うでないか!

で、べスラさんに画像を添付したメールを送り、検証して欲しいと
頼みました。

検証結果は、金型の不具合らしく現在生産をストップさせてるとのこと。
やっぱり!
自分の意見でこのような結果になるのはちょっと嬉しい。
営業さんに大変感謝され、これまた嬉しい。
さすが。大手はいちユーザーの意見にも
しっかり耳を傾けるんだなーと思ったんですが。

検証結果があまりにも遅く、こちらから聞いたんです。
そうしたら、「報告することをすっかり忘れていましたっ!」と言う!
ちょっと!×3

営業さんも本社の人も感じが良いので、まっいっか。


カタログ

これこれこれこれ!
スーパーカブ50周年記念のカタログ。
DSCF3344.jpg
DSCF3342.jpg
僕はこれが欲しかったんだな。

前回、油取り紙よりも薄いカタログが届いたことを
書きましたが、ブログを見てくれた先輩(改めダチ)が何も言わずに
送ってくれました!
憎いことをしなさる!

歴史とか昔のカタログとか載ってる、全22ページの保存版。
紙の質も厚さも熱さも段違い!
DSCF3340.jpg
DSCF3345.jpg
DSCF3343.jpg

持つべきは良き先輩(ダチ)だな~
Iさん、ありがとうございます、大事にしま~っす!



CB兄弟

ちょこちょこ顔を出してくれるMさん(青のCB)ですが、
この度訳あってお兄さんもCB250T緑に乗ることになりました。
m1.jpg

同時に登録したので、ナンバープレートが連番です。
m2.jpg

兄弟で同じ古いバイクでナンバープレートが連番だなんて、
なんか良いですね~

気を付けてお乗り下さい!ありがとうございました。

※お兄さん、偶然か必然か、気が付けばここ2年で3台乗り継いでいますね!
 ありがとうございます!ありがとうございます。
 


アニキ

アニキです。
阪神の金本ではなく、
僕の両親から、僕より少し先に生まれた人です。
俺を載せろとうるさいので載せました。

そんなアニキがアドレスV125Gを新車で買いました。
クールなアニキが少し嬉しそうです。
ani1.jpg
バイクは新車だし、来月結婚するし、横浜の小高い丘に住んでるしで
絶好調な男です!
アニキはパソコソのスペシャリストなので、来る度に
バージョンアップやメンテナンスをしてもらいます。
ani2.jpg

そしてアニキは、すっかり日も沈んだ頃横浜に帰って行きます。
DSCF3335.jpg

足元を見ると・・・
DSCF3336.jpg
プーマです。彼もプーマ党だったようです。



剥離剤

剥離剤は楽しいな~♪
DSCF3330.jpg

なぜか茶色く塗られたミラーがあります。
DSCF3225.jpg

こいつにシュッと吹き付けると、塗装面がみるみるうちに浮いてきて
DSCF3228.jpg

あとは拭き取るだけ。
DSCF3229.jpg

きれいに落ちました。
DSCF3230.jpg

楽しいけど取り扱いは要注意。
ちょっとでも皮膚に付くと焼けるように痛いです。
流しにダッシュです。
目に入ったらどうなっちゃうんだろう。
考えただけでガクブルです。



即日sold out!

程度の良い車両はすぐにお客様が付きます。
このCBはHPに載せる前にご成約頂きました。
こんな程度の良いCBまだあったんですね~
DSCF3321.jpg
DSCF3317.jpg
DSCF3319.jpg
何がすごいって、マフラーの裏側が全く錆びてない!

きれいな車両にはオーラがあります。
自分で書いてて意味が分かりませんが、
何となくオーラが出てるような気がするかもしれない的な・・・

オーナー様は何と三重県在住!
仕事でこちらにいらしたようですが、正にジャストタイミングでした!
ばっちり仕上げますので、しばらくお待ち下さい。


Cb250セニア

CB250セニア
DSCF3292.jpg

5年ぶりくらいでしょうか。久々に入荷しました。
しかも程度良好!
早速欲しくなりました。

最近はCB250T一辺倒だったので、久しぶりに見ると
すごく新鮮且つレトロです。
パッと見CB250Tに良く似ていますが、共通部品は
あまりありません。ひとつお兄さんのCB250です。
一味違う音もまた趣あり。

カラーも希少な、何とかメタリックマルーンで
目立つようなキズや凹みありません。
メッキパーツも比較的きれい。
DSCF3295.jpg
DSCF3299.jpg

さあお客さん、どうでしょう!?
 詳細ご覧下さい。走行距離は15200kmとなっています。
テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

Cub

スーパーカブです。
DSCF3261.jpg


「○○新聞の者ですけど~」って入ってきたので、
反射的に「要らな~い」と答えると、
「人の顔見ていきなり要らないって言わないでよ~」と
お茶目な返事が返ってきました。
どうやらカブの修理だったようです。
失礼しました。

このカブ高年式でまだ6000kmちょっとしか走っていません。
何でもエンジンが止まっちゃうそうで。

オイル交換してもらってまだ100kmだそうですが、
確認するとやたら多くえれー汚い!これ交換してねーな・・・
交換です。

次、プラグ。
電極が結構減っているので交換。

エアクリ見てもキャブを開けてみても異常なし。
じゃあキャブのエアスクリュー調整。

高年式のホンダ車はマイナスドライバーで調整できず、
特殊工具が必要です。
当然うちにはありません。
亀戸の盟友e-bikersさんに聞くと、持っていました。
しかも、ついでに返す部品があるから届けるよって!
ワンダフォー!マジありがとう!
DSCF3274.jpg
DSCF3277.jpg

早速調整。
回すほどに調子が変わり、ベストの所で完了。

ここも調整したと言っていたらしいけど、痕跡が無い。
怪しい業者だったらしいから、こんな工具も持ってないんじゃ・・

アイドリングも安定して、止まる気がしない。
グッドです。


そうそう、カブといえば受注期間限定で50周年記念モデルが出たそうで。
先輩のお店のブログで豪華なカタログがあることを知り、
すごく欲しくなりホンダに取り寄せました。

すると

DSCF3279.jpg
DSCF3278.jpg
見開き2ページのペラペラなものが届きました。
どうやら豪華なカタログは販売店専用だったみたいです。
だっふんだ。

フィン

昨日の記事、ある身内から「良くないんじゃない?」と言われ
削除しました。自分ではソフトに書いたつもりですが・・
まあ批判的な記事は良くないですね。
これこそ「言わなくてもいい事」なのかもしれません。
昨日見てくれた方は、僕に共感してくれたと勝手に
思い込んでいるので良しとしよっ。


さあ気を取り直して!

今日は空冷エンジンの割れたフィンを作ってみました。
アルミ用パテです。このパテは強度が全く期待できません。
むしろ近いうちに取れちゃうんじゃないでしょうか。

でもいいんです。初めて作るので実験です。
DSCF3250.jpg
DSCF3253.jpg
DSCF3256.jpg
DSCF3260.jpg

あれ?なかなかどうして・・・

本格的に直すにはアルゴン溶接を使う、かなり大変な作業なので、
この方法はとりあえず自分でやってみようという方向きですね。
自分でやってみて、それで直っちゃえば儲けモンですもんね。
結構簡単ですよ。

これがすぐに取れちゃったら、もっと高性能なパテを
試してみます。その時はまた紹介します。



プロフィール

baikukan

Author:baikukan
千葉市と東京両国に店を構えるバイク屋、バイク館です。パリダカやシルクロード、XSやLTDなどのちょっと変わった旧車など多数取り揃えております。是非ホームページをご覧下さい!

最近の記事
カテゴリー
Twitter

QRコード

QR

カウンター

リンク
ブログ内検索

月別アーカイブ

最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。